歯医者の治療で歯の健康を守る!~デンタルケアが重要~

先生

嬉しいメリットがある

クリニック

歯列矯正は、子どもから大人まで行なっている施術で、その際に用いられる矯正器具には舌側矯正器具もあります。舌側矯正器具とは、舌の裏側に装着するタイプのもので、従来の矯正器具と比較して笑っても目立ちにくいという特長があるでしょう。従来の矯正器具は、歯列の前面に取り付けるタイプなので、どうしても目立ってしまうものでした。接客業、営業など人前に出る仕事をしている人からすると、矯正器具が変に目立ってしまうことをよく思わないこともあった為、目立たない矯正器具の誕生に喜びの声が多く挙がっているでしょう。舌側矯正器具は、舌の裏側に装着することで歯の表面のエナメルを傷つけることもないので、虫歯を防ぐメリットもあります。

舌側矯正は、前面に出ている歯を奥へ引っ込める力に長けているので、歯列を奥に引っ込めたいという人には最適な矯正法だと言えるでしょう。しかし、舌の裏側に装着することでうまく発音できないことも度々生じるでしょう。慣れるまではこれまで、普通に話せていた音程をうまく出すことが難しくなるので普通の会話ができるようになるまで多少の時間を要する場合があります。矯正歯科にて歯列矯正を行なう際には、希望の矯正器具があるのかどうかを事前に確認しておくといいでしょう。器具によっては、費用や期間にも差が現れることもあるので、予算と照らし合わせる為、いくつかの歯科にてカウセリングを受けながら相談することも可能です。